平城宮跡に四天王現る。無病息災の祈りよ届け。奈良 大立山まつり
たくさんのご来場誠にありがとうございました!
たくさんのご来場誠にありがとうございました!

さぁ、まいりましょう。奈良の冬まいり。

  「あをによし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり」とうたわれた「平城京」をしのばせる平城宮跡において、今月末の1月29日から2月2日までの5日間、「奈良大立山まつり」を開催します。

   江戸時代の頃から、奈良県内各地には「造りもの」を身代わりとして、降り懸かる厄を落とすという風習があり、この習わしを奈良独自の呼び方で「立山」と呼んでいます。

   現在は、広陵町大垣内で「立山まつり」として、橿原市八木町では「愛宕祭」として、また、御所市東名柄では「天満神社立山祭り」として、無病息災を願い毎年執り行われています。

   この奈良伝承の地域資源である「立山」を"由来"とした、無病息災の願いを継承する象徴的なまつりを新たに創出することは意義深いことと考え、「大立山まつり」と命名して実施するものです。

   「大立山まつり」では、奈良を代表する守護神の一つである四天王に因んだ巨大な「大立山」を4基制作し、灯りを入れた山車に仕立てます。そして、これらの山車を近隣の高校生をはじめとする地域の人達が曳き、夜の平城宮跡大極殿院を練り歩きます。併せて、県内各地の伝統行催事もご披露いただきますので、お祭りは大いに盛り上がることでしょう。

   奈良では、奈良時代の昔から万灯会という灯りを用いた祭りが行われてきました。世界の人々の幸せと平和を祈る「大立山まつり」を、「灯りのイベント」の始まりともいえる奈良を象徴する代表的な祭りとして毎年継続して開催し、年の初めに、奈良を訪れた観光客をはじめとする多くの方々に、一年の無病息災や家内安全を祈念していただきたいと思っています。そして、この新しい祭りを核として、奈良への宿泊観光客が1年で最も減少する1月~2月の誘客を飛躍的に増加させたいと考えています。

   厳寒の時季の、夕方から夜にかけてのイベントになりますが、ご家族、ご友人などお誘い合わせの上、平城宮跡会場にお越しいただければ幸いに存じます。
奈良県冬季誘客イベント「大立山まつり」実行委員会会長
奈良県知事 荒井 正吾
2016年1月29日〜2月2日 平城宮跡にて開催 入場無料
ご宿泊は、ネットクーポンで最大50%割引
クーポン発行サイト
下記宿泊サイトからクーポンを入手し、ご予約ください。
行燈奉納と奉納者席から鑑賞のご案内
行燈奉納と奉納者席から鑑賞のご案内

イベントスケジュール

【お知らせ】
・「橿原市藤原古代衣装の舞」の出演が1月29日(金)から1月31日(日)に変更となりました。
・「奈良市田原のおかげ踊りと祭文音頭」は2月1日(月)に加え、1月29日(金)にも出演することになりました。
出演日時:1月29日(金)〜2月2日(火) 19:30~20:30頃
厳かな太鼓の音から始まる巡行。四天王をモチーフにした光り輝く巨大な大立山4基が会場内を練り歩きます。祭典の最後には4基が横一列に集結。奈良の四季が絵物語風にあらわれる日本最大の立山出現は圧巻です。
【太鼓奏者】舞太鼓あすか組、DIA+

天理市 秋祭り 紅しで踊り

出演日時:1月29日(金) 17:15~17:45頃
江戸時代に干ばつで苦しんだ農民が大和神社に雨乞いし、願いが成就した感謝の気持ちを踊りにし奉納したもの。一時途絶えた祭りを地元女性の方々が復活されました(市無形民俗文化財)。

奈良市 田原のおかげ踊りと祭文音頭

出演日時:1月29日(金) 17:45~18:15頃
2月1日(月) 18:30~19:00頃
「おかげ踊り」は慶応3年(1867)に大流行した伊勢へのおかげ参りの際の踊りが伝承されたものです。「ええじゃないか」の掛け声で踊りが始まり、御幣を持って踊ります。 「祭文音頭」は、江州音頭や河内音頭の前身と言われる古い形式の踊りで、ほら貝と錫杖のみを伴奏に用いることなどが特徴です。

御所市 ススキ提灯献灯行事

出演日時:1月29日(金)18:30~19:00頃
1月30日(土)、31日(日) 18:45~19:15頃
旧御所町の氏神として崇敬されている鴨都波神社で続く行事。五穀豊穣・家内安全・無病息災を祈願し、氏子地域から「ススキ提灯」が奉納されます。ススキ提灯の宮入から演舞までを再現します。

広陵町 広陵金明太鼓

出演日時:1月30日(土) 16:30~17:00頃
広陵金明太鼓は平成6年6月に結成。「かぐや姫」が生まれたと伝えられる金明孟宗竹(きんめいもうそうちく)にちなみ「広陵金明太鼓」と命名されました。広陵町在住の和太鼓奏者である舞太鼓あすか組「飛鳥大五郎」師の作曲、指導のもと同年10月にデビューしました。

広陵町 戸閉(とたて)祭(だんじり)

出演日時:1月30日(土) 17:00~18:00頃
4台のだんじり(山車)が鐘・太鼓もにぎやかに櫛玉比女命神社に宮入り。伝統的で古式豊かな乗り入れは豪華で祭を最高潮に盛り上げます。毎年10月31日、11月1日に行われるとても勇壮で壮大なお祭り。

吉野町 鬼踊り(金峯山寺節分会・鬼火の祭典)

出演日時:1月30日(土) 18:10~18:40頃
金峯山寺では「福は内、鬼も内」と唱える全国でも珍しい節分会が行われます。修験者たちの験力で全国の鬼たちを改心させる「鬼の調伏式」の1コマである鬼踊りを披露します。

大淀町 参上!大淀町ちびっ子桧垣本座

出演日時:1月31日(日) 16:30~17:10頃
室町時代、吉野猿楽の一つであった「桧垣本猿楽座」が存在し、大淀町を中心に広く活躍していました。子ども達が稽古を重ねた成果を披露します。

橿原市 藤原古代衣裳の舞

出演日時:1月31日(日) 17:10~17:30頃
藤原京の時代の衣装を身にまとい、型にとらわれない優雅な創作舞を披露します。会場の皆さんも一緒に踊って楽しんでください!
 

曽爾村 曽爾の獅子舞

出演日時:1月31日(日) 17:30~17:50頃
およそ300年にわたり受け継がれてきた曽爾の獅子舞。静寂な静けさの中から響き渡る太鼓の音色、洗練された獅子の舞。10月(体育の日の前日)、門僕神社秋祭りにて披露されます。

宇陀市 室生天地人の祭

出演日時:1月31日(日) 17:50~18:20頃
地元芸能の担い手が集結。星空と暗闇に照らされるモニュメントが一体となった不思議な空間が体験できます。昨年は「青龍会」の龍の舞が行われ、アートと芸能の里・室生に龍穴神社の龍神伝説が甦りました。

香芝市 香芝天衝太鼓

出演日時:1月31日(日) 18:20~18:40頃
2004年の春、香芝市在住在勤者で和太鼓チームを結成、「香芝の盛り上げ隊」を自称しています。和太鼓の学習を通じて人格形成を目指し、市民に愛されるチームになりたいと願っています。

奈良市 バサラ祭り

出演日時:2月2日(火) 18:30~19:00頃
1999年の夏に始まった、市民参加型のダンスパフォーマンスの祭典。各踊り隊がアイデアを凝らした衣装を身につけ、ストリートダンスなどが華やかに繰り広げられます。

広陵町 立山祭

展示日時:1月29日(金)~2月2日(火)
毎年8月24日の地蔵盆に伝統の立山(作り物)が飾られます。その年の話題となった事件や有名人物を取り上げ、新築をした家、婚礼があった家に立山を飾り付け、人々に話題を提供する行事(町指定無形民俗文化財)。

橿原市、御所市、広陵町
各地域の「立山」紹介パネル展示

展示日時:1月29日(金)~2月2日(火)
橿原市、御所市、広陵町に伝わる「立山」について、それぞれの歴史や現在の様子についてパネル展示により紹介します。

平群町 へぐり時代祭り

出演日時:1月30日(土) 大立山とともに会場を練り歩きます。
平群ゆかりの人物に扮して参加者250名以上で約1.3Kmを歩く『時代行列』は、古代から戦国までの絢爛たる時代絵巻の様でまさに必見!!

イベントスケジュール

【お知らせ】
・「橿原市藤原古代衣装の舞」の出演が1月29日(金)から1月31日(日)に変更となりました。
・「奈良市田原のおかげ踊りと祭文音頭」は2月1日(月)に加え、1月29日(金)にも出演することになりました。


出演日時:1月29日(金)〜2月2日(火) 19:30~20:30頃
厳かな太鼓の音から始まる巡行。四天王をモチーフにした光り輝く巨大な大立山4基が会場内を練り歩きます。祭典の最後には4基が横一列に集結。奈良の四季が絵物語風にあらわれる日本最大の立山出現は圧巻です。
【太鼓奏者】舞太鼓あすか組、DIA+

天理市 秋祭り 紅しで踊り

出演日時:1月29日(金) 17:15~17:45頃
江戸時代に干ばつで苦しんだ農民が大和神社に雨乞いし、願いが成就した感謝の気持ちを踊りにし奉納したもの。一時途絶えた祭りを地元女性の方々が復活されました(市無形民俗文化財)。

奈良市 田原のおかげ踊りと祭文音頭

出演日時:1月29日(金) 17:45~18:15頃
2月1日(月) 18:30~19:00頃
「おかげ踊り」は慶応3年(1867)に大流行した伊勢へのおかげ参りの際の踊りが伝承されたものです。「ええじゃないか」の掛け声で踊りが始まり、御幣を持って踊ります。 「祭文音頭」は、江州音頭や河内音頭の前身と言われる古い形式の踊りで、ほら貝と錫杖のみを伴奏に用いることなどが特徴です。

御所市 ススキ提灯献灯行事

出演日時:1月29日(金)18:30~19:00頃
1月30日(土)、31日(日) 18:45~19:15頃
旧御所町の氏神として崇敬されている鴨都波神社で続く行事。五穀豊穣・家内安全・無病息災を祈願し、氏子地域から「ススキ提灯」が奉納されます。ススキ提灯の宮入から演舞までを再現します。

広陵町 広陵金明太鼓

出演日時:1月30日(土) 16:30~17:00頃
広陵金明太鼓は平成6年6月に結成。「かぐや姫」が生まれたと伝えられる金明孟宗竹(きんめいもうそうちく)にちなみ「広陵金明太鼓」と命名されました。広陵町在住の和太鼓奏者である舞太鼓あすか組「飛鳥大五郎」師の作曲、指導のもと同年10月にデビューしました。

広陵町 戸閉(とたて)祭(だんじり)

出演日時:1月30日(土) 17:00~18:00頃
4台のだんじり(山車)が鐘・太鼓もにぎやかに櫛玉比女命神社に宮入り。伝統的で古式豊かな乗り入れは豪華で祭を最高潮に盛り上げます。毎年10月31日、11月1日に行われるとても勇壮で壮大なお祭り。

吉野町 鬼踊り(金峯山寺節分会・鬼火の祭典)

出演日時:1月30日(土) 18:10~18:40頃
金峯山寺では「福は内、鬼も内」と唱える全国でも珍しい節分会が行われます。修験者たちの験力で全国の鬼たちを改心させる「鬼の調伏式」の1コマである鬼踊りを披露します。

大淀町 参上!大淀町ちびっ子桧垣本座

出演日時:1月31日(日) 16:30~17:10頃
室町時代、吉野猿楽の一つであった「桧垣本猿楽座」が存在し、大淀町を中心に広く活躍していました。子ども達が稽古を重ねた成果を披露します。

橿原市 藤原古代衣裳の舞

出演日時:1月31日(日) 17:10~17:30頃
藤原京の時代の衣装を身にまとい、型にとらわれない優雅な創作舞を披露します。会場の皆さんも一緒に踊って楽しんでください!

曽爾村 曽爾の獅子舞

出演日時:1月31日(日) 17:30~17:50頃
およそ300年にわたり受け継がれてきた曽爾の獅子舞。静寂な静けさの中から響き渡る太鼓の音色、洗練された獅子の舞。10月(体育の日の前日)、門僕神社秋祭りにて披露されます。

宇陀市 室生天地人の祭

出演日時:1月31日(日) 17:50~18:20頃
地元芸能の担い手が集結。星空と暗闇に照らされるモニュメントが一体となった不思議な空間が体験できます。昨年は「青龍会」の龍の舞が行われ、アートと芸能の里・室生に龍穴神社の龍神伝説が甦りました。

香芝市 香芝天衝太鼓

出演日時:1月31日(日) 18:20~18:40頃
2004年の春、香芝市在住在勤者で和太鼓チームを結成、「香芝の盛り上げ隊」を自称しています。和太鼓の学習を通じて人格形成を目指し、市民に愛されるチームになりたいと願っています。

奈良市 バサラ祭り

出演日時:2月2日(火) 18:30~19:00頃
1999年の夏に始まった、市民参加型のダンスパフォーマンスの祭典。各踊り隊がアイデアを凝らした衣装を身につけ、ストリートダンスなどが華やかに繰り広げられます。

広陵町 立山祭

展示日時:1月29日(金)~2月2日(火)
毎年8月24日の地蔵盆に伝統の立山(作り物)が飾られます。その年の話題となった事件や有名人物を取り上げ、新築をした家、婚礼があった家に立山を飾り付け、人々に話題を提供する行事(町指定無形民俗文化財)。

橿原市、御所市、広陵町 各地域の「立山」紹介パネル展示

展示日時:1月29日(金)~2月2日(火)
橿原市、御所市、広陵町に伝わる「立山」について、それぞれの歴史や現在の様子についてパネル展示により紹介します。

平群町 へぐり時代祭り

出演日時:1月30日(土) 大立山とともに会場を練り歩きます。
平群ゆかりの人物に扮して参加者250名以上で約1.3Kmを歩く『時代行列』は、古代から戦国までの絢爛たる時代絵巻の様でまさに必見!!
あったかもんグランプリ

あったかもんグランプリ詳細PDF
あったかもんグランプリ
あったかもんグランプリ詳細PDF

会場マップ

大立山まつり会場

会場マップ

大立山まつり会場

交通アクセス

アクセス方法


交通アクセス

アクセス方法
※イベント内容・時間は予告なく変更する場合があります。
※天候によりお祭りを中止とさせていただく場合があります。